www.awano-kintaro.jp


   
  水野雄仁(みずのかつひと)
1965年9月3日生まれ おとめ座 O型
身長:179cm
体重: 78kg 
趣味:ゴルフ 読書 旅行

「略歴」
阿南一中から池田高校へ。2年生だった1982年の夏、外野手として甲子園に出場して優勝。翌1983年春にはエースとなり、横浜高を破って史上4校目の春夏連覇を果たした。夏は準決勝で桑田、清原のいたPL学園に敗れたが、清原から4三振を奪った。その風ぼう、親しみやすいキャラクターから阿波の金太郎の愛称で親しまれた。その年のドラフト会議で巨人に1位指名されて入団。1986年5月25日の中日戦(ナゴヤ球場)でプロ入り初勝利。1987年には10勝を挙げて、中心投手の仲間入りをした。1990年にはリリーフに転向。1985年に肩、1992年にひじの手術を受けるなど常に故障と戦いながらも、フォークを武器に、抜群の度胸と投球術で活躍。通算265試合に登板し、39勝29敗17セーブをマークした。1996年10月6日の中日戦、7回1死満塁でパウエルを遊ゴロ併殺に打ち取ってピンチをしのぎ巨人はメイクミラクルを完成させて優勝したが、その年限りで13年間に渡るユニホーム生活に別れを告げた。その後、フジテレビ「プロ野球ニュース」の解説者、スポーツ報知の評論家として活躍。 1997年オフにはメジャーにも挑戦した。1999年からは古巣・巨人に投手コーチとして復帰。2000年の日本一に貢献した。3年間のコーチ生活の後、2001年暮れからは日本テレビ解説者、スポーツ報知の評論家として、卓越した投球理論と、さわやかな語り口、明るいキャラクターで人気になっている。現在、引き続きテレビ、ラジオ、新聞などの各種メディアに出演しているほか、広告出演、講演会、野球教室のコーチと精力的に活動を続けている。
 


水野雄仁のプロフィールと写真データをダウンロードすることができます。イベント開催主の方などへ事前資料としてご覧いただければと思います。プロフィールはPDF形式になっております。
プロフィールダウンロード
写真データダウンロード
写真データを使用するには解凍用のパスワードが必要です。プレゼントページの応募フォームより、事前に申請を行なって下さい。
 
 
原 辰徳(読売巨人軍 監督)

冷静沈着、頭脳明晰、幅広い視野から見れる野球、人生観、後輩ながら尊敬に値する人物。
注文をつけるなら。少々の忍耐力、我慢が加わるなら鬼に金棒!?いつしか同じGIANTSのユニフォームを着て戦う同志でありたい。
今年一年は野球界、GIANTS、そして私の為に力を発揮していただきたい。
 
 
宮本 和知(元巨人)

「彼のほうが先に入団していたんだけれども。非常に遊びが大好きな(笑)。僕の契約金はすべて水野と僕で使いました(笑)。彼にネオン街を教わりました(笑)。
野球をやるには彼は真面目な人間ですよね。やはり野球以外に取り柄のない人間なんで、喋り(解説)のほうもうまくなってきたし、CXのときより日テレの今の解説者でやっているほうがうまくなってる。
(これからへのメッセージ)彼はこれからいろんな分野で活躍するかもしれない。でも僕は、あまり手を出さずに『野球』『ジャイアンツ』というのを、そっちの方面で行ったほうがいいって僕は思いますね。
そんなに器用な人間じゃないから(笑)。大抵フォークを投げるピッチャーってのは器用じゃないから。僕みたいにカーブを投げれるのは器用なんだけど(笑)。彼はまっすぐとフォークの人間だから、あまり器用さは持ってないですね(笑)」
   
定岡 正二(元巨人)

「金太郎は、ヒドい奴です(笑)。現役時代にヒジを痛めたときに、ヒジを痛めた人間に普通はやさしくするものですけれどね、あいつは僕のヒジをめがけてパンチを打つんですよ。それで僕の引退が早かったんです(笑)。自分が一軍に残るためには何でもやる男というか(笑)。
それは冗談として、ものすごく、後輩として可愛いですし、言ったことはちゃんとやってくれますし、男気のある人間ですね。
(これからへのメッセージ)早くユニフォームをもう一回着て欲しい。ネット裏で学んだことを、もう一回ユニフォームを着ると違う目線で見れると思いますから早く着たほうがいいと思うし。プライベートでは、ゴルフに行くぞ!(笑)」
   
田尾 安志(日本ハム二軍コーチ)

「現役時代は『バッターになればいいのになぁ』という選手だったですよね。ピッチャーとしては故障して高校のときの華やかさが薄れましたけれども、それが良かったのかすごくいろんなところに気を使って仕事をする奴だなぁというか、徳島の池田のころの印象とまるっきり違うといいますか、『繊細な水野』という印象が強いですね。
(これからへのメッセージ)まだ若いし、現場でユニフォームを着て若い選手の指導をして欲しいなぁ、という気がしますね。」
   
横田 真一(プロゴルファー)・夕子 ご夫妻

「水野さんと言えば『自然体』中々出来るもんじゃありませんよ。だから僕は大好きです。家は『特製ちゃんこ』があるのですが水野さんに是非食べに来ていただきたいです。」
   
丸山 茂樹(プロゴルファー)

「一次的な人生が終了したということで、これからまた新たな人生の始まりです。多くの人に内容の濃い野球の話しを伝えて、巨人戦やプロ野球の視聴率が良くなるように、水野さんの力にかかっていると思うので、頑張って頂ければと思います」
   
田中 幸雄(日本ハム内野手)

「水野さんは非常に素晴らしい方です。どんどんホームページを皆さんに見て頂いて水野さんを応援しましょう」
   
工藤 公康(西武投手)

「水野くん、小学生、中学生、高校生、一般で野球を楽しみたい人、たくさんいますのでそういう人達に、それぞれにあった解説やコメント、指導を期待してます。
ホームページはいろんな質問もきたり大変かもしれませんが、少しでも多くの人が野球を楽しめるように、プレーする人は怪我のないように、水野くんのホームページではそんなことをやって欲しいです。子供たちが大人になって水野くんのようになりたいと思うような、指導者を目指してホームページを作って下さい」
   
 
芝田山親方(元横綱大乃国)

「同じスポーツに携わる人間として、これから青少年育成というものをはじめとして国民の皆さんに楽しみを与えるような、色々なアイデアを出しあって、貢献していきましょう。私の部屋もホームページを作る予定でいるわけですが、アクセスをたくさんの人がしてくれて、楽しんでもらえるようにしたいと思います。水野さんも頑張って下さい」
   
 
武田一浩(元巨人投手)

「現在『信玄からの贈り物』というサイトを運営しています」
   
村田真一(巨人打撃コーチ)

「会うのは仕事場より飲み会の席ばかり。ゆっくりと話す機会が少ないのが少し寂しいけど、野球中継だけでなく、『ズームイン』でも新しい境地をどんどん切り開いている水野君の仕事ぶりをとてもうれしく拝見しています。高校時代から培った強気の野球同様、これからも様々なジャンルで『攻めだるま』の活躍を期待したいですね」
   
篠塚和典(巨人打撃コーチ)

「基本的にはきまじめな男なんですが、結構いいかげんというかおちゃめなところも彼の持ち味です。自分の個性を生かした仕事を続けていってほしいですね。日本テレビの野球中継で一緒になることもあるんですが、気心の知れた仲間なので、仕事をしていてこっちも楽しめます。ただ一つだけ注文。野手のことは俺がしゃべるから、君は投手のことをもっとしっかり解説しなさい。以上」
   
川口和久(元巨人軍)

「1995年に僕が巨人に移籍したときからの付き合いですが、最初に会った時から人間的に素晴らしい人だと思いました。チームのこととか他の選手のこととか、一から彼に教えてもらった記憶があります。96年に優勝した時は、リリーフというつらい仕事というか難しい役割を任され、一緒に苦労させてもらったのも、今はいい思い出です。彼がいなければ、巨人での自分はなかったと思うほどお世話になりました。ステキな奥様もまじえ、家族ぐるみのお付き合いをさせてもらってます。しかし、本当によく働く男です。仕事も忙しそうで何よりです。ゴルフではお互いに『終生のライバル』と決めています。暇を見つけて、またラウンドしましょう」
   
松田弘(サザンオールスターズ)

「池田高校からジャイアンツに入ったころからだから、もう20年以上の付き合いになります。ストレートで、男っぽくて、いつまでたっても童心を忘れない、ほんとに気持ちのいい人です。まだまだこれからも長い付き合いになりそうなのでよろしく。現在の多彩な活躍ぶりはうれしい限りです。テレビで顔を見る機会も多いのですが、プライベートでよーく知ってるはずの“金太”とはまたひと味違う堂々とした姿にこっちが驚かされることもあります。今後のますますの活躍をお祈りしてます。一ファンとしては、またいつかぜひユニホームを着てほしいですね」
   
 
 
愛犬 ミイナ(M.ダックスシルバーダップル)
ジャイアンツのピッチングコーチをしていた頃は、まず選手より少し早く球場に行きジョギングをして汗を流すのが日課でしたね。ホームゲームの時は、グラウンドに練習開始の二時間前に入り外野のフェンス沿いをゆっくり一時間ぐらい走っていました。遠征の時は、広島なら広島城から川沿いを走りましたし、大阪なら芦屋川の土手沿いをジョギングしていましたが、長嶋監督も遠征先ではウォーキングをしていてよく会いましたね。たぶん選手よりジョギングは走っていたと思いますよ。(笑)体調管理とストレス発散で一石二鳥でした。
試合が始まると僕はブルペン担当でしたから、監督が場面、場面で使いたいピッチャーがボールに切れがなかったり、肩が張っていたりなど、選手達の体調や調子の良し悪しを見極めなければならなかったのでとても苦労したことを思い出します。ブルペンも、勝てる年は試合の状況を見ていたら、選手自身も「次は俺の出番だ。」と役割がわかるくらい、みんなが良いムードで試合に集中出来ていましたが、勝てない年はピンチになると選手達の顔が「俺に回ってこないでくれ。」と言っている様に見え、口数も少なくとても暗いムードでしたね。(笑)
2000年に優勝した時は、若手のピッチャーばかりでしたので(特に中継ぎ)、経験豊富なベテランピッチャーと違い、自分に自信がないピッチャーが多かったので、どうしたら試合に実力以上の力で投げさせる事が出来るかいつも考えていました。経験不足の若手ピッチャーは、やはりあの大歓声の中、マウンドに上がるとプレッシャーで肩に力が入り自分本来の投球が出来なくなってしまうので、ブルペンにいる時はなるべくリラックスさせる事を心掛けていました。例えば選手の野球を始めたきっかけや、子供の頃の生活環境など本当に身内だけの話をすることでずっと緊張しながら出番を待たせるのではなく、集中する時とのメリハリをつけてあげることで登板の時に力を出せる様に(試合中ずっと緊張していたらかなり疲れてしまいますからね。)気を付けていましたよ。他にはピッチャーに自信を持ってマウンドに上がってもらう為に「今日はキレのあるストレートを投げてるから大丈夫だぞ。」とか「変化球が今日はいいな。」など選手を褒めて、登板するピッチャーが「今日は調子が良いから抑えられる。」と魔法に掛けることも心掛けました。魔法が解けてしまうと駄目でしたけどね。(笑)シーズン中にチームの調子が落ちてきたりすると、たまに試合が終わった後とか、遠征の移動日などにいっしょにご飯を食べ、お酒を飲むことで、選手の英気を養いリフレッシュして次の試合に望ませる事もしましたよ。(みんなの気持ちを一つにして「また全員でがんばろう。」と、一致団結することはとても大切なことでしたね。)
コーチと選手との信頼関係がとても大切で、コーチも選手を信頼して試合に登板させる、選手もコーチの言っていることを信頼して投げる。簡単なようですがこれが一番難しい事なのです。少しでも信頼関係という歯車が狂うと優勝する事が出来ないのはみんなが知っているので優勝した時の喜びは格別でいい経験でしたね。
今では解説者として外から野球を見ていますが、選手時代やコーチ時代の時とはまた違った目で野球を見つめ直す事が出来、日々勉強の充実した毎日を送っています。
 
 
 
  ?2003 Office Win CO.,LTD. All rights reserved.